京のくらしとおばんざい

「おばんざい」は京の町家のおくどさん(かまど)で
培われた庶民の知恵の「おかず」です。
海から遠い盆地の京都で独自に発展した
京野菜や乾物を食材につかった「しまつ」の料理です。

旬の食材を生かし、食材の色を楽しみ、出汁を大切にする
京都の食文化「おばんざい」の旨味に欠かせないのが
「おこぶ」の「おだし」です。 

「おこぶ」を使ってお家でも簡単にできるこだわりの
「おだし」の旨味を使った料理をご紹介します。