昆布の種類

santi_map

昆布の種類と産地

塩昆布用

羅臼昆布、尾札部昆布

出し昆布

尾札部昆布、羅臼昆布、利尻昆布

煮昆布用

日高昆布(三石昆布)長昆布(浜中昆布)

昆布の主な産地は北海道で、品種は産地で区分され、
口当たりや持ち味が違います。
お料理の用途に合わせ、様々な種類の昆布を使い分けてください。


尾札部(おさつべ)昆布

osatube昆布の最高級品で真昆布と呼ばれる。厚みがあり幅が広い、
結納品などの飾りにもこの昆布が使われる。
だし汁は上品で透き通っていて、独特の甘味がある。
大阪では、上等なだし汁といえば、大抵この真昆布が使われる。
また、肉厚なので塩昆布にも使われる。

羅臼(らうす)昆布

rausuダシをとるとにごるが、香りがよく、コクのあるダシが出る、人気の出し昆布。
比較的濃厚な味で、関東では出し昆布として好まれ、
多少だしが濁るので関西ではおもに鍋料理のだし汁、味噌汁、塩昆布として使われる事が多い。
又、特にねばりがあるので、とろろ、おぼろ、松前づけなどに使われることも多い。

利尻(りしり)昆布

rishiri澄んだ色の風味のよい上品なダシがとれ、とりわけ京料理、 懐石料理で重宝される。
おばんざいにも欠かせない定番とされる出し昆布である。

日高昆布(三石昆布)

早く煮え、味もよく、すごく柔らかくなるので、
昆布巻き、佃煮、おでんの煮昆布など昆布そのものを食べる料理に適している。
だし汁は青白く濁るので関西では使われないが、関東地方や一般家庭ではだし昆布として用いることもある。

長昆布(浜中昆布)

沖縄で古くから野菜サラダ代わりに調理されるのがこの昆布。
豚肉との相性が良いので、炒め物にしたりする事も多い。
日高昆布同様、旨味成分が少く柔らかいため一般では昆布巻きなどにも用いられる。


籠目昆布(ガゴメコンブ)
ダシを取る用途には使われず、商品価値が低かったが、「フコイダン」という多糖類が他の昆布よりも多量に含まれ、 それがいわゆる機能性成分として作用するらしいことが分かり、人気が急騰した。
細目昆布
渡島半島の松前、留萌を主体とした日本海沿岸で獲れる昆布。切り口がどの昆布よりも白いために、おぼろ昆布、とろろ昆布に加工されることが多い。

*上記以外にも簡単なだしや、とろろの原材料に使う細布昆布や長昆布といった種類があります。

昆布の種類と産地ページの先頭へ